ついにインドにも進出だ! ダラムサラ国際映画祭レポート



おいっす!監督の蔦です。
皆様、お久しぶりです。




私は、今インドの滝に来ております。
名前は忘れてしまいましたが、インドの何とかという滝に来ております。
いや、正しくは行っておりました。
実はもう日本に帰ってきております。




といいますのも、
わたくし、11月5日〜8日までダラムサラ国際映画祭という
とても素敵な映画祭にお呼ばれしまして、
『祖谷物語』を上映してきたわけなんです!



DIFF!



青空会場。

各国のバックパッカーの方たちも入り混じり、
国際交流の場になっております。




上映前の挨拶。
また、わたくし定番の童顔を活かしたジョークで
笑いを取ってきました!




上映後のQ&A
映画の反応も上々でした!


ご来場くださいました皆様、
また今回『祖谷物語』をこの素晴らしい映画祭で上映してくださった
プログラマーのテンジンさんとリッツさんご夫婦、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました!






ダラムサラはこんな所です。
奥にそびえるは5000m級の山々。




祖谷にも環境が近い、かなり山間部の町ですが、
意外とお店が沢山あり、観光客で賑わっております。






勝手な憶測ではありますが、
戦後の隆盛期の祖谷もこんな感じだったのでしょうか。




日本人の私にも、どこか懐かしい風景ばかりです。




ちょっと派手な建物たちではありますが。




そして、さすがインド。
祖谷だと山にいるのは、シカですが、
こちらでは牛さんが、そこら中にいらっしゃいます。






また、ダラムサラと言えば、
中国政府から弾圧されてきたチベット仏教の亡命地として、
有名なところでもあります。




町のいたるところにチベット仏教の“モンク”という御僧さんがいて、
食事もチベット料理が主流となっているみたいです。




今回アテンドをしてくださったアッツさんと、
チベット料理のトックパ(スイトンのようなもの)や、
モモ(餃子のようなもの)を沢山堪能。





そして、ダライ・ラマ法王が拠点とされている寺院にも
行ってきました!






ダライ・ラマ法王も丁度ダラムサラにいらしたそうですが、
残念ながら今回お会いすることはできませんでした。





宿泊していたホテルの窓から見えた風景。
さすがインド人。






そして、場所は移り、8日~9日まで、
今度は大都会ニューデリーに行っておりました。




相変わらず人が多い…。






インド最大のモスクである
ジャマー・マスジットにも訪問してきました。




塔にも登れるんですね。
ええ眺めや。






もちろん、
ただ観光でニューデリーに来ていたわけではありませんよ。




国際交流基金ニューデリー日本文化センターが主催する
『祖谷物語』の上映会&トークイベントに参加してきました。





武田さん、デカっ!





飛行機の関係上、
上映前にトークイベント。


ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました!


また、
今回ジャパンFoundationの皆様のおかげで
ニューデリーでの上映会を実現することができ、感無量です!
楽しい時間をありがとうございました。



またインドに戻ってこれるよう、次回作頑張ります!



シュクリヤ!





●おまけの観光ショット集



実は丁度、ヒンドゥー教の旧暦のお正月(ディワリ)前だったみたいです。






ほんと、インドはエキサイティングですね。





ガンジーのお墓にも行ってきました。




インドのトイレは、わかりやすい。



では、またお会いできる日まで!



映画「祖谷物語−おくのひと−」
http://iyamonogatari.jp/
DVD&Blu-ray 絶賛発売・レンタル中!


 

遂に出ました! 特典満載のDVD&Blu-ray !


ついに、この日が来ました。


『祖谷物語』のDVD&Blu-rayが、8月4日から発売中!
http://iyamonogatari.jp/contents/dvd.html



やっほーーーい!


まだご覧になられていない方はもちろんですが、
劇場でご覧くださった方も、
ぜひこの機会に、DVDかBlu-rayをお買い求めいただき、
ゆっくりとご自宅で『祖谷物語』をお楽しみください!


たぶん、色々と粗が見えてくると思います。笑



そして、今回ご購入頂いた方には、

未公開映像付きのメイキング映像と、
私の大学時代の短編B級ホラー作品と、
祖谷のロケ地マップが付いております!


自分で言うのもなんですが、
このメイキングと未公開カットは必見!


田中泯さんが祖谷で踊っている貴重な映像が入っております!





そして、発売に先だって、
お世話になった地元の方々に
DVDとBlu-rayを持って、挨拶回りさせていただきました!


黒川市長にご報告のご挨拶。




箱膳や、武田さんが使っていた火吹き棒などを
貸してくださったカジヤ祖谷亭浪漫の四宮さん!




一年間を通して、スタッフのご飯を作ってくださった
東祖谷婦人会の中石さん!




現場に美味しいコーヒーを提供してくださった
ケストナーの佐藤さん!


など、お写真は撮り損ねましたが、
その他、沢山のお世話になった方々にご挨拶してきました!





大歩危駅前にある歩危マートのご主人である山口さんは、
最近、昔やられていた映画館の映写機を直して、
上映会をやられているそうです。




うーん、見たことない携帯型の映写機ですね。
おもしろい。




状態は良好!
とても綺麗にメンテナンスされておりました。

これがあれば、昔のように神社で上映会などができますね。




かなり、貴重なポスターも新品のような状態で残っておりました!





そして、8月4日の発売日当日には、
徳島市内の紀伊國屋書店さんと、
平惣・徳島店さんで、イベントをやらせていただきました!


写真が小さいですが、
長年に渡って、徳島の映画撮影のために貢献されております
ラジオパーソナリティの梅津龍太郎さんとのトークイベントです!


褒めてくださっているのか、貶しているのかわからない
相変わらずの絶妙なご意見で盛り上げてくださいました。





そして、
私、単独のサイン会。


誰も来ないんじゃないかと思ってりましたが、
いるんですね、物好きな方が。


皆様は、神様です。






こちらは、平惣・徳島店前。


DVD&Blu-rayは、いらんかね〜。





またしても、
サイン&握手会。


調子に乗りすぎですかね?


遠いところ、お越しくださいました皆様、
本当にありがとうございました!





祖谷物語の
DVD&Blu-rayは、いらんかね〜。


誰か買ってくんろ〜。






ちょいと、徳島のゲオさんに寄ってみると、

なんと!


3枚とも借りられておりました!


うっひょーー、これは素直にめっちゃ嬉しいですね。


やはり、徳島での知名度はまんざらでもないようです。




工藤の畑跡にて



こうして、祖谷物語のDVD&Blu-ray発売イベントは、
無事終了。


ご購入くださいました皆様、
本当にありがとうございます!


これをもって、祖谷物語も一段落でしょうか。





とりあえずは、
そろそろ次回作である祖父・蔦文也氏のドキュメンタリー公開に向けて、
本気で動き出さいないとですね。


ドキュメンタリー「蔦監督」http://tsutakantoku.com/


はい、頑張りまーす。


また皆様ともお会いできるのを楽しみにしております!


 

おめでとうだよ、自分。




先週の5月28日、

自宅から徒歩20分、
自転車で8分、
原付だったら5分、
ほふく前進だと、たぶん65分のところにあります中野ZEROホールで、
第24回日本映画批評家大賞の受賞式が開かれました。






そして、
なぜ私がその会場にいるのかと言いますと、


実は、





なんと、
『新人監督賞』を受賞しちゃいました。


イェーイ ピース



蝶ネクタイが、完全に様になってきたように思うのは、
私だけでしょうか。


あとはメガネをかければ、コナンくんの完成ですね。





受賞のコメントをする私。



緊張のあまり、カミカミでしたが、
少しだけブチかましてやりました。


反響は上々。





2004年に、同じく祖谷で撮影された
映画『村の写真集』にご出演されておりました
あの藤竜也さんをはじめ、
錚々たる方々と一緒に並んで写真を撮らせていただき、
わたくし、至福の時を味あわせていただきました。


人生のピークを早くも迎えてしまったようです。





選んでくださいました選考員の皆様、
本当にありがとうございました。


そして、
これも過酷な撮影に参加してくださいました
スタッフ・キャストと、
地元・徳島と祖谷の皆様のおかげです!


本当にありがとうございます!


賞をもらったからにゃぁ、
次も頑張らないといけませんねぇ。


でも、
とりあえず、しばらくは天狗にならせていただきますので、
皆さん、お会いした際は貶めてくださいな。



『祖谷物語』上映情報
6/6~6/12 東京・キネカ大森
6/27~ 新潟・十日町シネマパラダイス
夏頃 フォーラム福島

DVD・Blu-ray 8/4発売決定!
Amazon他にて予約受付中!
 

おめでとうだよ!武田さん。 そして、韓国でまたしても…。




先日の5月9日(土)、
第24回日本映画プロフェッショナル大賞の受賞式が開かれ、
我らの春菜こと、武田梨奈さんが、
なんと新進女優賞を受賞しました!


イェイ ピース




そして、更になんと私、蔦哲一朗が、
武田さんに花束を渡す重要な役を、
仰せ仕り、一緒に登壇させていただきました!


イェイ、イェイ ピース


本当におめでとうございます、武田さん!
壇上では、偉そうなことも言ってしまいましたが、
これからの益々のご活躍を本当に期待しておりますよ!


めざせ、実写版『あずみ』!


あっ、もうやってるか…。


日プロ大賞受賞結果
http://nichi-pro.filmcity.jp/




作品賞と監督賞を受賞されました『百円の恋』の
監督・武 正晴さん(一番左)と、脚本の足立 紳さん(一番右上)、
そして、TSUTAYAの店内ラジオDJでおなじみの
伊藤さとりさん(一番右下)と記念撮影。


なぜか武田さんはいない…。


『百円の恋』監督の武さんは、なんと大の高校野球好きで、
徳島を舞台にした『モンゴル野球青春記』も監督されておりますし、
祖谷や大歩危など、三好市を舞台にした『村の写真集』では、
当時、助監督で参加されていたということで、
私の実家にも足を運んでいただき、祖母にお会いしていたそうでして、
かなり徳島といいますか、私とも所縁のある方なんです!


今年の賞を総ナメにしている『百円の恋』は、
現在全国を順次上映中です!


四国では、高松のホール・ソレイユさんでやってますし、
これから高知県立美術館ホールでも上映されます!

皆さん、ぜひ劇場で御覧ください!
徳島は、やらないのかな〜。





そして翌日、
5月10日〜13日まで、
ソウル・グリーン映画祭に参加するため、
韓国に行っておりました!




『祖谷物語』二回目のアニュハセヨー。





上映後、お客さんと記念撮影。

カムサハムニダ〜。





そして、実はコンペティション部門への出品ということで、
授賞式にも参加させていただきました。


気になるグランプリは・・・。


ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロール)




ジャン!

スウェーデンの『Freak Out』という映画でした。





写真を拝見する限り、面白そーですもんねー。



ただ、グランプリは逃したものの『祖谷物語』は、
なんと!またしても「スペシャル・メンション」をいただきました!


イェイ、イェイ ピース




もうスペシャル・メンション・ツタと呼んでください。


ポール・トーマス・アンダーソンのPTAのように、
SMT!と呼んでください。


右手にはタテ、左手には韓国海苔です。


ただちょっと悔しいのは、
今回もNOマネーでフィニッシュ!
(お金のことを言うのもなんですが…)


でも、環境をテーマにした映画祭で、
『祖谷物語』の描いている現状に、
皆さんが何かしら、危機意識といいますか
興味を持っていただけたことに、
私、嬉しく思います!


カムサハムニダー、ソウル!



そして、恒例の観光ショット。



今回は、ソウルのKorean Film Archiveに言って、
イ・マニ監督作の『青女』を見てきました。


日本で言う、京橋のフィルムセンターですね。


ただ、鑑賞料は無料!


すごいぞ、韓国!


お爺ちゃん、お婆ちゃんの溜まり場だ!




雰囲気もフィルムセンター、そっくりー。





その後の、韓国映画の歴史館。




日本語音声ガイドを聞きながらの鑑賞に挑むが、
解説が長すぎて途中で断念。


写真だけ見て楽しみました、とさ。





ミニチュアァァァ。




さらば、ソウル。


次こそは、グランプリだ!


チョンマル・イエポー。

 

静岡シネ・ギャラリー 先行上映会!


4月5日は、
静岡市にありますシネ・ギャラリーさんにて、
先行上映&トークイベントが開かれました!




我らが、武田梨奈も参上つかまつり候!



劇場さんからサプライズで、
日プロ大賞『新進女優賞』受賞のお祝いの花束をいただきました!
(もちろん、武田さんにですが)

ありがとうございます!





お客様も、ほぼ満席。
ありがたや、ありがたや。


小雨にもかかわらず、ご来場くださいった皆様、
本当にありがとうございます。






聞き手役を、静岡のK−MIXラジオでパーソナリティをやられております
河村由美さんが務めてくださり、
普段私で聞き出すことができない、
武田さんの魅力を引き出していただきました。





女子トーク中。




お前も話に入るんだ、監督!





写真撮影。大繁盛。


さすが、人気沸騰中の武田さん(と私)



お爺役の泯さんも朝の連ドラ『まれ』に進出したことですし、
次の朝のヒロインは、もう武田さんしかいない!



ジャッキー・チェンに憧れる女子高生が、
世界の映画界に挑んでいくという、
笑いあり、涙あり、そしてアクションありの、
新しい朝の連ドラなんて、
NHKさんどうでしょうか?





サイン会も大繁盛。


パンフレットも買ってくださった皆様、
本当にありがとうございます!






シネ・ギャラリーさんでの本公開は、
5月9日(土)〜15日(金)です!

上映詳細
http://www.cine-gallery.jp/cinema/2015/03/iyamonogatari.html


静岡の皆様のご来場、こころよりお待ちしております!






おまけの観光ショット。




我、登呂遺跡を発見せり!






これがかの有名な「竪穴式住居」。



横にいるのは、映画監督の小崎基広くん。


広島の尾道から4月に上京してきたので、
前日の夜に一緒に飲んでいたところ、
そのまま静岡まで拉致。



第8回 田辺・弁慶映画祭 映検審査員賞
『4mmベニヤ三枚と半』
https://www.youtube.com/user/motohiroozaki

近々、テアトル新宿で特別上映されるそうです。
乞うご期待!





こっちが「高床式倉庫」と、
パーマをあてた私。


グラビア撮影中。





ファッション誌風。





食事中。





狩りに向かう。





狩り、満喫中。


棍棒も置いてありました。






この静岡市立登呂博物館、
けっこう楽しめます。
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/site/





壁に描かれていた絵。


すごくいいですね。



帰り際、
お土産に置いてあった2万円の土偶(ドラえもんの『にっぽん誕生』に出てくるような)を
買うか本気で悩んでしまいました。


あれは、欲しかった…。




 

帰ってきた蔦監督




3月14日(土)は、厚木市にあります
アミューあつぎ映画.comシネマさんで
トークイベントが開かれました。


アミューあつぎ映画.comシネマ
http://atsugi.eiga.com/


夜の回にもかかわらず、
今回も多くの皆様がご来場くださり、
祖谷の風景に酔いしれていただきました。



(ちっちゃく満席アピール)



上映後のトークイベントには、
大西信満さんと脚本・制作を担当した上田くんも
加わっていただき、撮影当時の話で花を咲かせました。
春だけにね。





相変わらず私へのディスりが止まらない大西さんでしたが、
そうかと思うと、褒めていただける場面もあったりと、
も〜、ツンデレがお上手。


いいように乗せられた監督なのでした。






そして、何を隠そう、私と上田くんは、
東京工芸大学の厚木キャンパスで2年生まで過ごしておりましたので、
厚木市は私達の第二の故郷なのです。


この二人だけに限らず、
「祖谷物語」のスタッフはほとんど工芸卒ですので、
この厚木で青春を過ごしました。






厚木中を駆け巡り、16ミリカメラを振り回してた日々が
懐かしいですが、それももう10年前。
なんてこったい。焦る〜。


でも、早稲田松竹に続き、
お世話になった地で、
こうして自分たちの映画を上映できるなんて、
まぁ、なんて幸せなことなんでしょ。





上映を実現してくださった映画館の皆様には
本当に感謝感謝です。


ちなみにこの映画館では、
学生作品や自主制作でも、企画次第では、
驚くほどの料金で貸していただけますので、
上映を目論んでいる方は、ぜひご連絡してみてください!



(サイン会だよ)


ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました。


また次回作を引っさげて、現れますので、
もうしばらくお待ちください。



さぁ、飯山温泉でも入って帰るべか。



 

帰ってきた蔦監督。


2月28日(土)、
高田馬場にある早稲田松竹さんで、舞台挨拶がありました。




そう、何を隠そうわたくし、蔦 哲一朗は、
祖谷物語を撮る4年前まで、ここ早稲田松竹さんで
アルバイトをしておりました。


そうなんです。
蔦 哲一朗の早稲田松竹、凱旋上映だったのです!


この劇場でわたしは、
映写機にフィルムをかけたり、
受付でチケットをモギッたりと、
映画とお客さんに蜜に触れることで、
祖谷物語を撮るための土台作りが形成されました。




舞台挨拶には、
二本立ての併映作品である『ほとりの朔子』の、
深田晃司監督もお越しいただき、
監督同士の対談が実現。


ほとりの朔子
http://sakukofilm.com/


おととしの第26回東京国際映画祭でも
ご一緒させていただいた、何かとご縁のある二本です。


こんな組み合わせが実現できるのも、
早稲田松竹だからこそ。



深田監督とツーショット。


相変わらず、私はこの格好。

そろそろ、飽きましたかね。

でも、やめない。


そして、
インディーズ映画の先輩として、
世界でご活躍されている深田監督を見習い、
わたしも海外での配給も視野にいれ、色々挑戦してみます!




調子に乗って、ポスターにサイン。


勝手に
故郷に錦を飾ったつもりでおります。





早稲田松竹の皆様、
この度は、わがままを聞いてくださって、
本当にありがとうございます!


アルバイト時代からご迷惑ばかりをおかけしておりましたが、
こうして皆様に迎え入れていただいて、
わたくし感激でございます!




なので、私はこれからも、
早稲田松竹さんにはスッポンのように喰らいついて離れません!




でも映画はもっとちゃんと上達します!



お客さんにももっと来ていただける映画、
がっ、頑張ります!



どうか蔦 哲一朗監督作品を、
これからも温かく見守ってください。




とりあえずは、
『ほとりの朔子』と『祖谷物語』の上映、
金曜日までよろしくお願い致します!



早稲田松竹映画劇場の上映は、3月6日(金)まで!
http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/schedule.html





ちなみに、現在『祖谷物語』は、
北海道・函館 シネマアイリス http://www.cinemairis.com/schedule_1.htm
茨城 土浦セントラルシネマズ http://www.tsuchiura-central.com/
千葉 千葉劇場 http://cinemax.co.jp/category/chibagekijo/


でも絶賛上映中!
皆様のご来場心よりお待ちしております!



 

ついに来たか、「祖谷物語」の時代! 3館で立ち見満席!




皆様、明けましておめでとうございます。


でも、この写真は夕日です。




逗子海岸の夕日です。

寒さに負けず、
サーファーがサーフィンしています。



いきなり、朗報です!
現在「祖谷物語」を上映しております3つの劇場で、
先週末、まさかの立ち見満席が同時発生!


公開一年を迎えて、ようやく来たか「祖谷物語」フィーバー!





まず一つ目は、
先程のサーファーがサーフィンしていた逗子海岸近くにあります
シネマ・アミーゴさんです。


シネマ・アミーゴ  1月24日まで!
http://cinema-amigo.com/




食事やお酒をたしなみながら、映画を楽しめる
とってもオシャレな映画館です。


いや、これはもう映画館ではないのかもしれません。


映画レストランなのかもしれません。(そのまま〜)





1月11日には、私のトークもございまして、
多くの方がお越しくださり、皆様と熱いお話ができました。
ありがたや、ありがたや。






そして、二つ目は、
偶然にもこちらも映画館とレストランを
渋谷で展開しているアップリンクさん。


アップリンク  “見逃した映画特集2014”
http://www.uplink.co.jp/




こちらもオシャレですね〜。




この赤い服着ているのは監督の私でーす。

そして、奥で緑の服を着ているのが、
俳優の高橋良浩くんです。

年末にはじめてお会いして、
すぐ「祖谷物語」を観に来てくれました。

ありがたや、ありがたや。





そして、最後は、
福岡の中州大洋映画劇場さん。


中州大洋映画劇場 1月16日まで!
http://www.nakasu-taiyo.co.jp/




なんと、またまた偶然にもこちらの中州大洋映画劇場さんにも
お食事やお酒を楽しめるカフェがあるのです!


映画と食事の切っても切れない関係性。


映画を観た後は、余韻に浸りながら、
美味しいお酒と料理をたしなむ。
良いですね〜。


「祖谷物語」の上映は、これからもどんどん展開していきますので、
本年もどうぞよろしくお願い致します!


 

年末年始も『祖谷物語』は、やっとります!



茨城県は、土浦に来ました。




現在、こちらの土浦セントラルシネマズさんで
「祖谷物語」が公開されております!

土浦セントラルシネマズ:http://www.tsuchiura-central.com/




なんと、年末年始も休まず、上映しております!


そうなんです。
「祖谷物語」がお正月映画になりました。


もし、年末年始にお時間を持て余しましたら、
土浦で「祖谷物語」を観てみてはいかがでしょうか?

都内からも1時間で来れますし。




ます、階段で二階に上がりまーす。





そして、シネマ3の横にある脇道を入っていき、




ハリー・ポッターに突き当ったら、
左に曲がります。




そして、そのままずっーとまっすぐ進み、




ヘアピンカーブを抜けたら、




シネマ1の券売機がありますので、
ここでチケットを買ってくださいね。




ロビーには、
サツキとメイが合体している
「となりのトトロ」の初回版ポスターが飾ってあります。




とっても広い劇場です。




もちろん、35ミリフィルム上映!


土浦セントラルシネマズさんでの公開は、1月9日(金)まで!


どうか、霞ヶ浦で釣りをしている方も、
釣れなかったら潔くその日は諦めて、
「祖谷物語」を観にきてください!






そして都内では、お正月明けの1月11日(日)〜23日(金)まで、
渋谷のアップリンクさんで、見逃した映画特集2014にて、
「祖谷物語」が上映されます! ※1月17日(土)〜21日(水)は休映。


渋谷アップリンク:http://www.uplink.co.jp/


モデルで女優の青柳文子さんにも、ご注目いただいております!
青柳文子さんが選ぶオススメの3本!


今まで見逃されていた方は、どうかこの “見逃した映画特集2014” では、
絶対、見逃さないでください。
もちろん、リピーターの方も大歓迎!


寒い日が続きますが、そんな冬こそ「祖谷物語」は沁みます。


他にも沢山、素晴らしい作品がラインナップされておりますので、
年末年始はアップリンクさんに通いつめて、2014年を取り戻しましょう!

皆様のご来場心よりお待ちしております!

 

はじまりました!下高井戸シネマ!



本日12月13日より、はじまりました!
「祖谷物語」下高井戸シネマさんにて絶賛公開中!

19日(金)までの一週間限定上映です!




朝10:15から1日1回上映!

寒さにめげず、
どうか皆様、観に来て下さい!




男子トイレと女子トイレの間に、
マスコミに掲載された「祖谷物語」の記事も沢山あるよ!





「祖谷物語」をご覧いただけた方とは、
お互いにお辞儀を何度もしながら、色々とお話したよ!





パンフレット買ってくれたら、
監督の私がサインもしているよ!





「祖谷物語」以外の作品を目的にご来場された方には、
しつこくチラシを配っているよ!





上からで恐縮ではございますが、
皆様のご来場心よりお待ちしております!

 

| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM