チョンジュ国際映画祭 2回目のQ&A



チョンジュ国際映画祭、4日目。


どうも、マスコミ取材を受けている監督の蔦 哲一朗です。


キマってますね。




香港でお世話になったポン・ジュノ監督とも再会することができました。






5月5日の本日も、20時からの遅い時間にも関わらず、
145席がSOLD OUT!


本当にありがたい限りです。


そして、2回目のQ&A。


今日も、お客さんからの質問の嵐。


一つ一つ、誠心誠意、答えている監督の私。
(だんだん、蝶ネクタイが様になってきました)





今回、印象的な質問は、


映画で描いている祖谷での工藤の自給自足生活は、
監督にとって幸せなのですか?


という、ストレートな質問ですかね。



う〜ん、難しいですね・・・。


幸せという言葉のニュアンスが微妙なところですが、
工藤の自給自足生活を自分が本当にやりたいか言われれば、
できないでしょうから、
あくまでも、私の理想ということになってしまいますね。


ただ、日々東京での生活を続ける中で、
祖谷での田舎生活と言いますか、
朝起きたら山が見える生活というのを、
体が欲しているのは事実です。


たぶん、
今回映画を撮るために祖谷にきたスタッフたちも、
祖谷での生活には、もう懲り懲りと思いつつも、
また行きたいという欲求に駆られているはずです。


ただそれは、旅行感覚のリフレッシュとしてだとは思いますが。


問題は、結局のところ
田舎での生活を継続できるかというシンプルなものに
なるのだと思います。


祖谷でのリフレッシュ生活が、
少しずつ苦になっていくラインって何なんですかね?


私なら、もって2年くらいでしょうか。


ずーっと、自給自足生活がリフレッシュとして継続できる術が
わかれば、私も田舎で映画を撮りながら、
わさび農園でも開いて永住できるんですかね・・・。



う〜ん、できない気がしますね。



私の場合、
問題は、欲深いということな気もしてきました。



結局、わからん!



とりあえず、
今の私は、多くの韓国の方々に「祖谷物語」をご覧いただけて
それなりに幸せですかね。


カムサハムニダ!




毎晩、遅くに街中を清掃するボランティアスタッフの方たち。


チョンジュ国際映画祭、ボランティアスタッフ300人!


すごいですよね。。。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM