上海国際映画祭。無冠に終わる。


去る6月20日、
上海国際映画祭・アジア新人映画部門の受賞式が、
クラウン・プラザ・シャンハイにて開かれました。




中国では、
テレビ中継もされていたみたいです。





気になる賞の行方は!




残念ながら、
イランの「アイム・ノット・アングリー」という映画が
作品賞も、監督賞も、
そして、ニュージーランドで次回作を撮れるスカラシップの権利も
掻っ攫っていきました!


なんと!!
合わせて賞金500万円以上!


(この映画祭ほんとにお金ありますね。)





Reza Dormishian監督、おめでとうございました!


この映画はイラン国内では、
上映されることが許されていないらしいです。


今回、私も拝見することができなかったので、
日本での公開が決まればいいですが。


配給会社さん、よろしくお願いします。


てか、誰も日本で配給しないなら、
ニコニコフィルムで配給してみようかな、
とか思ってみたりして・・・。






審査員の皆さんと監督さんたちで記念撮影。




ぐっ、場所取られすぎた・・・。






そして、アフターパーティでは、また有名人気分を満喫。




完全に鼻の下が伸びてます。


「祖谷物語」は無冠に終わりましたが、
まぁ、良しとしましょう!





今回は、
人生初の記者会見も経験できたので、
色々勉強になりました。






サンキュー、上海!
また来る日まで!




 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM