ついにNY 来ちゃったよ。 ジャパン・カッツ映画祭の様子。


7月17日〜22日まで、
監督の私と助監督の辻くんは、
ニューヨークで開かれておりました
ジャパン・カッツという映画祭にお邪魔してきました!





上映会場のジャパン・ソサエティ前には、
多くのニューヨーカー達が列をなしておりました。




そして今回、
「猫侍」や「キラーズ」「リノから来た男」で主演されている
北村一輝さんの特集が組まれており、
実際に北村さんご本人も会場にご招待されておりました。


記念撮影に、
ちゃっかり便乗させていただきました!




そして、毎回のごとく、
時間を見つけては、観光。



小さいですが、
あれが、かの有名な自由の女神です。




ここが、あのタイムズスクエア〜。
ちょっと合成写真ぽいな…。






ブルックリンブリッジからのマンハッタン。




そして、ここがジャズの聖地(?)
ビレッジヴァンガード。



彼は、助監督の辻くん。




彼は、セントラルパークのリスくん。





夜には、
ブロードウェイで「レ・ミゼラブル」を鑑賞。


そして、私は、まさかの爆睡。





というわけで、
そろそろ本題の「祖谷物語」北米初公開の様子です。


260席が無事、完売!




やったね。


左の女性は、元・早稲田松竹の同僚、武居さんです。
カナダから駆けつけてくれました。

実は、
祖谷物語のホームページも制作してくれたんです。

ありがたや、ありがたや。




そして、右から二番目の彼は、
私の中学時代の同級生、祥くん。

ニューヨークに移り住んで7年。

何を隠そう、
今回のジャパンカッツに「祖谷物語」を薦めてくれたのは、
祥くんなのです。

本当にありがたや、ありがたや。




上映前の挨拶。

今回も無事、ウケました。
これで、招待された海外映画祭7戦全勝です!
(上海は不戦勝ということで)




上映後には、
プログラマーのジョエルさんと、お客さんを交えての質疑応答。

もっと背筋をピンとしろ!と言いたくなりますね。




今回もほとんどの皆さんが、
遅い時間にも関わらず、最後まで真剣に聞いてくださいました。


私のシドロモドロした答えを
通訳のマリエさんが、ビシッとカッコ良く決めてくれたそうです。


ニューヨークの皆様、ジャパン・カッツの皆様、
本当にありがとうございました。


これで、私が海外映画祭へ参加させていただくのは、
ひとまずは、終了です。


が、
国内の公開はこれからが更にヒートアップしていきますので、
全国の皆様、お近くの劇場に「祖谷物語」が来るまで、
もう少しお待ち下さいね。


これからが夏も、
「祖谷物語」も真っ盛りです!



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM