ついにインドにも進出だ! ダラムサラ国際映画祭レポート



おいっす!監督の蔦です。
皆様、お久しぶりです。




私は、今インドの滝に来ております。
名前は忘れてしまいましたが、インドの何とかという滝に来ております。
いや、正しくは行っておりました。
実はもう日本に帰ってきております。




といいますのも、
わたくし、11月5日〜8日までダラムサラ国際映画祭という
とても素敵な映画祭にお呼ばれしまして、
『祖谷物語』を上映してきたわけなんです!



DIFF!



青空会場。

各国のバックパッカーの方たちも入り混じり、
国際交流の場になっております。




上映前の挨拶。
また、わたくし定番の童顔を活かしたジョークで
笑いを取ってきました!




上映後のQ&A
映画の反応も上々でした!


ご来場くださいました皆様、
また今回『祖谷物語』をこの素晴らしい映画祭で上映してくださった
プログラマーのテンジンさんとリッツさんご夫婦、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました!






ダラムサラはこんな所です。
奥にそびえるは5000m級の山々。




祖谷にも環境が近い、かなり山間部の町ですが、
意外とお店が沢山あり、観光客で賑わっております。






勝手な憶測ではありますが、
戦後の隆盛期の祖谷もこんな感じだったのでしょうか。




日本人の私にも、どこか懐かしい風景ばかりです。




ちょっと派手な建物たちではありますが。




そして、さすがインド。
祖谷だと山にいるのは、シカですが、
こちらでは牛さんが、そこら中にいらっしゃいます。






また、ダラムサラと言えば、
中国政府から弾圧されてきたチベット仏教の亡命地として、
有名なところでもあります。




町のいたるところにチベット仏教の“モンク”という御僧さんがいて、
食事もチベット料理が主流となっているみたいです。




今回アテンドをしてくださったアッツさんと、
チベット料理のトックパ(スイトンのようなもの)や、
モモ(餃子のようなもの)を沢山堪能。





そして、ダライ・ラマ法王が拠点とされている寺院にも
行ってきました!






ダライ・ラマ法王も丁度ダラムサラにいらしたそうですが、
残念ながら今回お会いすることはできませんでした。





宿泊していたホテルの窓から見えた風景。
さすがインド人。






そして、場所は移り、8日~9日まで、
今度は大都会ニューデリーに行っておりました。




相変わらず人が多い…。






インド最大のモスクである
ジャマー・マスジットにも訪問してきました。




塔にも登れるんですね。
ええ眺めや。






もちろん、
ただ観光でニューデリーに来ていたわけではありませんよ。




国際交流基金ニューデリー日本文化センターが主催する
『祖谷物語』の上映会&トークイベントに参加してきました。





武田さん、デカっ!





飛行機の関係上、
上映前にトークイベント。


ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました!


また、
今回ジャパンFoundationの皆様のおかげで
ニューデリーでの上映会を実現することができ、感無量です!
楽しい時間をありがとうございました。



またインドに戻ってこれるよう、次回作頑張ります!



シュクリヤ!





●おまけの観光ショット集



実は丁度、ヒンドゥー教の旧暦のお正月(ディワリ)前だったみたいです。






ほんと、インドはエキサイティングですね。





ガンジーのお墓にも行ってきました。




インドのトイレは、わかりやすい。



では、またお会いできる日まで!



映画「祖谷物語−おくのひと−」
http://iyamonogatari.jp/
DVD&Blu-ray 絶賛発売・レンタル中!


 

コメント
はじめまして。
監督と同年代の徳島在住者です。
四国放送で祖谷物語を放送していて今見終わりました!
すごく不思議なノスタルジックな気分になりました。
祖谷は行ったことがありますが、かずら橋ぐらいの物で、あんなにマチュピチュのような素晴らしい所だとは知りませんでした!
また、内容もすごくよかったです!
元々独特の静かな感じが好きなのですが、特に祖谷物語はワンカットが長くて無駄な音や音楽が無くセリフも少ない、これにやられました。
どこまでが現実でどこまでが現実ではないのか?色々と考えさせられました。
エンドロールにエキストラの名前を全て載せるあたり監督の徳島愛を感じました!
今見たところですがもう一回見たいです!
  • マイコ
  • 2016/01/03 4:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM